Gallery
Img_3c94082846d2a143d4461c0a504e0ef2
「眠くなっちゃったよ〜><」 泣いても可愛い♪♪


パパの優しい笑顔。。。。。愛に溢れています♡



『夫がこんなにも優しいまなざしで◎◎を見つめていたなんて・・・じーーん。としてしまう写真』

とご感想をいただきましたが

なんだか私までジーンと、胸が熱くなってしまいます。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



数日前に撮らせていただいた、一歳記念のご自宅での撮影での一枚ですが

撮影する時も、仕上げている時も、ふと、数年後、数十年後に見ることを想像してしまいます。

パパとママの思い出としてはもちろん

彼が小学生、中学生、高校生。。。そして大人になって、家庭を持って。。。

その時々で、「写真」が与える影響って、絶対にあると思うのです。

子どもの成長とともに、パパ、ママの愛情の表現の仕方も少しずつ変わってきます。

頭では愛されているとわかっていても、日々の暮らしの中では目に見えにくいもの。

この一枚も、普通に過ごしていたらきっと見逃してしまうほどの何気ない瞬間。

でも、こんなパパの表情を見たら、無条件の愛を感じずにはいられません。

それは大切な自己肯定感にもつながります。





我が息子が1〜2年生の頃だったかな、仕事で撮影した親子の写真を見て

「このパパとママは、この子が生まれてすっごく嬉しくて、幸せって思ってるんだね♪」と言ったことがあるけれど

そう大きくない子どもでも、ちゃんと感じるのですよね。




撮影させていただいた子どもたちが大きくなった時

そして父親、母親になった時、もっと歳をとった時。写真を見て、どんなことを感じるのかな。。。?





今は亡き、私の父も

私の記憶では、娘が心配すぎて、ただただ厳しい父親だったけれど
(顔と態度がね。でも今思えば行動は甘々だった。)

赤ちゃん〜2歳位までの私を見つめる父の写真は

記憶に残るコワ〜イ父の顔とは全く違う、優しくてあたたかくて、ちょっと面白くて、間違いなくメロメロで(笑)

本当に愛してくれていたんだな〜と、実感せずにはいられない宝物として

時々ふと目にする度にチカラをもらっています。

そして、私が今我が子に思うように「幸せになってほしい」って願ったんだろうな、

幸せにならなきゃな、とか、人生満喫しなくちゃ、なんて思ったりして。

若い時に見た時と、今では感じ方もまた少しずつ変わってきています。

静かに、深く、熟成されてきている、というような。。。




Img_6e730305ab8200b7bb34a4ae59a50d12
スヤスヤ。。。。☆ 寝ちゃいました♪






Img_71c21e5f3cd6d8ee92fe9cb3bf2652e8
楽しい一日だったね♪♪^ ^


写真集、楽しみになさっていてくださいね♪